最近の名刺の傾向

管理人

最近の名刺の傾向としては、使う人が増えてきたことがまず一番に挙げられます。主婦が友達を増やすために使ったり就活名刺と言って学生が就職活動をする際に使ったりすることです。ブログやFacebook、インスタグラムなどSNSを使っている人は、自分のSNSを紹介する際に名刺を使ったりするからです。

名刺交換名刺に載せている情報にも最近では変化が現れます。会社名や名前、住所、メールアドレスや連絡先などが印刷されているのは従来通りですが、最近ではQRコードを載せることで連絡先などを登録しやすくしている企業もあります

数多くの名刺の中から手に取ってもらうには、素材にもこだわることが必要です。凹凸をつけたり、ザラザラした手触りのペーパーを使用することで、普通の紙を使っている人に差をつけることができます。エコ関連に関心のある企業であれば、ケナフや竹など再生紙で名刺を作るため、環境を大事にしていることをアピールすることもできます。

名刺交換は、取引先などと会った時に一番最初に使用するものです。多くの企業ではデジタル化社会になった今でも、品質の高い名刺を使用することで、相手への印象を少しでも良くしようと思っています。そのための重要なアイテムです。

スピード作成とは

管理人

すぐに名刺が必要なのに切らせてしまって焦るという体験は誰でもあり得ることです。しかしながら最近では、即日納入や即日対応をしてくれるような名刺作成業者もあります。プロのデザイナーが名刺のレイアウトや繊細な文字のバランスまですぐに調整して印刷してくれる会社もあります。

作成する自分で名刺を作成するような業者であっても、スピード対応をしてくれることもあります。デザインのパターンがいくつかに決まっていて、そのパターンの中から選ぶことですぐにそのデザインを作り、それから印刷するという流れですので、そういった業者を選ぶのでしたら次の日に納品したりすることも可能です。

最近では、自分のデータを持ち込めばその日のうちに仕上げてくれるような業者もあります。データを持ち込むと印刷をするだけですので早いところでしたら3時間くらいで印刷してくれるような業者もあります。データすら持っていないという場合でいたら、原本の名刺を一枚店舗に持っていくだけでコピー印刷してくれる業者もあります。コピーですので品質は多少劣りますが、何もないというよりはずいぶんましです。割安なネット印刷業者を探せば、急ぎの納期であってもすぐに対応してくれるところもあります。


◆関連サイト:名刺作成
・・・スピード作成に対応している名刺作成業者のサイトです。